アウトドア

バックカントリースキーとは?人気の理由・起源・おすすめ季節・必要な道具などを詳しく解説

2020年7月22日

こうちゃんです。
@tabikin_outdoor(Instagram)
@tabikinblog(Twitter)

今回は冬のアウトドアアクティビティの「バックカントリースキー」についてご紹介したいと思います。

バックカントリースキーについて興味のある方は最後までご覧ください。

 

バックカントリースキーとは?

バックカントリースキーとは、スキーのゲレンデではなく、整地されていない雪の上をスキーで歩いたり、雪山を登ったり、そこから滑走するアウトドアアクティビティです。

フカフカの新雪の上やアイスバーンの上を時には木々を避けながら滑走します。

バイクで言うオフロード的なイメージです。

 

バックカントリースキーはどこで生まれた?

1932年に、正式なバックカントリースキーのレースが行われています。

スキー自体は、雪山や雪原を歩く為の手段として紀元前8,000年から6,000年前に中国やロシアで既に行われていました。

その後、スカンジナビア半島で行われ、そこでバックカントリースキーの正式なレースが1932年ビルケベイネルでレースが行われました。

 

 

バックカントリースキーは何人から何人で楽しめる?

バックカントリースキーは1人から楽しむことができます。

 

バックカントリースキーが楽しめる季節は?

バックカントリースキーは雪の降る季節に楽しむことができます。

日本だと地域位よりますが、12月から4月頭まで楽しむことができます。

 

バックカントリースキーの人気の理由や魅力は?

人気の理由や魅力①
:登り切った時の達成感

バックカントリースキーは、リフトのない雪山を登ることもあります。

重い荷物を持って時間をかけて登るので、その分頂上に登り切った時は半端ない達成感があります。

 

人気の理由や魅力②
:絶景に出会える

普段のゲレンデでは見られないような、まさに自然な自然に出会うことができます。

手付かずとはまさにこのこと。

壮大な自然を前に感動すること間違いなしです。

 

人気の理由や魅力③
:滑走一本の重み

手付かずの雪の上を滑る機会はなかなかありません。

スキー場では絶対に味わうことのできない感動があります。

前に滑った人はおらず、自分が第一人者です。

自分の前に道はありません。

自分が道を作ります。

 

人気の理由や魅力④
:新雪を滑る気持ちよさ

新雪の上を滑る機会はゲレンデではなかなかありません。

フワフワの雪はカーブする度舞い上がりとても気持ちがいいです。

新雪のパウダースノーはまるで空を飛んでいるような感覚を味わえます。

 

人気の理由や魅力⑤
:程よいスリル

相手は整備されたゲレンデではなく、自然です。

なので、たまにガリガリの氷が出てきたり、標高によって雪質が変わります。

また、木々の間を滑走する時もあります。

このスリルはスキー場では味わえません。

 

バックカントリースキーで必要な道具は?

【バックカントリー施設で準備してくれるもの】

  • スノーセット一式
  • ストック
  • スキーウェア
  • 雪用のブーツ
  • グローブ
  • 登行道具一式
  • ゴーグル
  • サングラス
  • グローブ
  • ネックウォーマー

ほとんどの場合料金に含まれているので追加料金を払う必要はないと思われます。

【個人で持っていくもの】

  • ニット帽
  • サングラス
  • 厚手のソックス
  • ウェアの中に着る防寒着
  • 日焼け止め
  • 小さなバックパック、ウエストポーチ
  • 着替え
  • 食べ物
  • カメラ

施設やサービスによって準備するもの、必要なもの、持っていくものが異なるので、必ず事前にチェックしてください。

 

-アウトドア

Copyright© 旅筋ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.