旅行・国

【カメルーン共和国】歴史・文化・料理・旅費・治安・おすすめ観光スポットなどを紹介

2020年6月9日

こうちゃんです。
@tabikin_outdoor(Instagram)
@tabikinblog(Twitter)こうちゃんです。

 

カメルーン共和国の歴史や文化、料理、旅費、おすすめ観光スポットなどをまとめてみました。

カメルーン共和国について興味のある方はぜひ参考にどうぞ!

 

カメルーン共和国の基本情報

カメルーン共和国のことがわかる基本情報をまとめました。

カメルーン共和国は通称カメルーンと言われており、アフリカ大陸中部に位置し、大西洋のギニア湾に面しています。

カメルーンは、西にナイジェリア、北東にチャド、東に中央アフリカ共和国、南東にコンゴ共和国、南にガボン、南西に赤道ギニアと国境を面しています。

熱帯雨林の生茂る南部地域、中部は標高の高いアダマワ高原、サバンナのある北部という風に、地域によって気候や土地柄が全く異なります。

 

建国された年・歴史

カメルーン共和国が建国された年は1960年1月1日です。

カメルーンは、まずドイツに占領され、それからフランスとイギリスに分割統治されていました。

なので、公用語が英語とフランス語の2カ国語で、アフリカでは珍しくドイツ語を話せる人もいます。

1960年にフランスの統治下であった東部地域が独立します。

その後1972年にイギリス統治下だった西部地域も独立し、東部と西部が合併しました。

 

面積

カメルーン共和国の面積は、475,440km2で、世界で52番目に大きい国です。

わかりやすく例えると日本の面積の約1.3倍の大きさです。

若干カメルーンの方がでかいですね!

 

ちなみに日本の面積は377,972km2で、世界第61位の大きさです。

 

首都

カメルーン共和国の首都はヤウンデです。

ヤウンデはカメルーンの中南部に位置し、行政・政治の中心地です。

 

また、カメルーン共和国の最大の都市はドゥアラとされています。

ドゥアラは中南部に位置し、ギニア湾に面しています。

 

人口

カメルーン共和国の人口は 、25,876,400人(約2600万人)で世界第52位です。

ちなみに、日本の人口は、126,535,920人(約1億2,654万人)で世界第10位です。

 

公用語

カメルーン共和国の公用語は、フランス語と英語です。

しかし、フランス語と英語を話せるバイリンガルの人口は極めて少なく、フランス語を話す地域、英語を話す地域と分かれています。

その他にも土着の現地語が話されています。

 

カメルーン共和国の宗教

カメルーン共和国の宗教は、約キリスト教が40%、約イスラム教が30%、アフリカの伝統宗教が約30%です。

アフリカの伝統宗教の中には、儀式のために殺人や体の一部を切除する事件が発生しており、社会問題になっているものもあります。

怖いですね〜アニメやテレビの世界だけだと思ってましたよ〜!

 

カメルーン共和国の代表的な文化にはどんなものがある?

カメルーン共和国には主に以下のような文化があります。

  • アフリカの縮図と言われている
  • 政教分離の国

 

カメルーン共和国の有名な料理

カメルーン共和国には以下のような有名な料理があります。

  • ンドレ(国民食、野菜とスパイスをミンチにしたもの)
  • フーフー(アフリカの餅)
  • ピーナッツシチュー
  • 紅茶
  • バドン・ドゥ・マニョック、ポワソンブレゼ(焼き魚)
  • ナムゴム(ピスタチオケーキ)
  • コキ(コキという植物のケーキ)
  • プランタン(食用バナナ)
  • ピーマンソース(唐辛子のソース)
  • バトン(カメルーン風餅)
  • マケロー(焼きサバ)
  • メ(魚とピーナッツの練り物)
  • ケレンケレン(豆とモツのスープ)
  • クレベット(エビ)
  • アボカドサラート(アボカドサラダ)
  • スパゲッティオムレツ

 

日本からカメルーン共和国までの所要時間と旅行費はいくら?

日本からカメルーン共和国までの所要時間は、乗り換え便でおよそ24時間です。

乗り換え便は乗り換え都市や乗り換え時間によって所要時間が大きく異なります。

 

日本からカメルーン共和国までの旅行費は時期によって異なります。

最新情報はこちらから確認をしてみてください。

スカイチケットで最安の旅行費を調べてみる

 

カメルーン共和国と日本の時差は?

カメルーン共和国と日本の時差は、8時間です。

日本の方がカメルーンよりも8時間進んでいます。

 

カメルーン共和国の治安は?安全?危険?

結論カメルーンの治安はあまりよくないです。

南部の地域など、場所を選べば観光できますが、北部はテロや地雷などが埋まっており絶対に言ってはいけない状況です。

また、観光地や空港では、スリや置き引きなどの軽犯罪が横行しているので十分注意が必要です。

 

カメルーン共和国の治安は時期や情勢によって変動することがあります。

詳細は「外務省海外安全ホームページ」でご確認ください。

 

カメルーン共和国の有名・人気の観光スポット

カメルーン共和国で有名・人気な観光スポットには以下のようなものがあります。

  • メフー国立公園
  • ジャー動物保護区
  • サンガ川流域
  • 再統一記念像
  • ヤウンデ国立博物館
  • 聖アナスタシア森林公園
  • ムルシキ

 

-旅行・国

Copyright© 旅筋ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.