アウトドア

ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)とは?人気の理由・起源・おすすめ季節・必要な道具などを詳しく解説

2020年6月13日

こうちゃんです。
@tabikin_outdoor(Instagram)
@tabikinblog(Twitter)

ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)の起源、おすすめの季節、人気の理由などをまとめてみました。

ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)について興味のある方は是非最後までご覧ください。

 

ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)とは?

ケイビングとは、趣味やスポーツとして鍾乳洞などの洞窟に入って探索することを言います。

洞窟探索のアウトドアスポーツです。

あくまで研究目的ではなく、レジャーとして楽しむのが目的です。

 

日本には洞窟の数は多いにも関わらず、あまり知られていない現状です。

これからどんどん人気になって行って欲しいですね!

 

ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)はどこで生まれた?

1800年代中盤、ジョン・バークベックという人物がイングランドで初めて洞窟探索を始めたのが起源とされています。

1930年ごろ、日本に入ってきたとされています。

日本ではまだあまり知られていないのですが、これから人気が出てくるんじゃないかと言われています!

 

 

ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)は何人から何人で楽しめる?

ケイビングは基本的に何人からでも楽しむことができます。

プロのインストラクターさんが丁寧に案内してくれるので、安全・安心です。

 

ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)が楽しめる季節は?

ケイビングは一年を通して楽しめます。

洞窟の中は常に15度を保っているので夏でも冬でも関係ありません。

夏に行くと涼しく、冬に行くと暖かく感じますね!

 

ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)の人気の理由や魅力は?

人気の理由や魅力①
:探検家気分を味わえる

普段生活していてまず行かないであろう洞窟。

人ではなく自然が作り出したものなので、テーマパークにあるような迷路や脱出ゲームとは全く違います。

まさにリアルです。

こんなところ通れるの?!引き返せなくなりそう!この奥には何があるんだ!

と言ったワクワク感がたまりません。

冒険心をくすぐられます。

 

人気の理由や魅力②
:宇宙・地球の歴史を垣間見る

洞窟の中には想像以上に広々とした空間が広がっています。

鍾乳石は、1センチ伸びるのに数十年から数百年かかるといられています。

中には、何メートルもの巨大な鍾乳石や小さい鍾乳石まで様々あります。

地球が生まれてからの歴史を想像することができます。

 

人気の理由や魅力③
:神秘的空間

洞窟の中はまさに神秘的です。

巨大な鍾乳石や地底湖などが神々しく存在感を発揮しています。

鍾乳石や地底湖は恐竜の時代から、もっと前の太古のものまであるそうです。

そんなロマンを感じることができるのも魅力の一つです。

 

人気の理由や魅力④
:絆が強まる

ケイビングはまさにアドベンチャー。

ドロドロになりながら力を合わせて進んでいきます。

皆で励まし合い、支え合います。

共に難所を乗り越えていくので、自ずと絆は強まります。

ご家族、友人同士、恋人と一緒に参加すれば今まで以上に心を通わすこと間違いなしです。

 

人気の理由や魅力⑤
:リラックス効果でストレス解消

洞窟の中はひんやりとしていて気持ちがいいです。

マイナスイオンが出ているのでリラックス効果ありです。

また、異空間にいるような非日常体験ができるので普段の疲れを忘れて思いっきり楽しめます!

 

ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)で必要な道具は?

ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)体験で必要なものを紹介いたします。

【ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)施設で準備してくれるもの】

  • ケイビングスーツ
  • ヘルメット
  • ヘッドライト
  • ブーツ(場所によります。)
  • ベルト(場所によります。)

ほとんどの場合料金に含まれているので追加料金を払う必要はないと思われます。

【個人で持っていくもの】

  • 汚れてもいい運動靴(人生一ドロドロになります。)
  • 着替え
  • 動きやすい格好(ケイビングスーツの中に着ます。)
  • マスク
  • タオル
  • 手袋(軍手でOK)

 

施設やサービスによって準備するもの、必要なもの、持っていくものが異なるので、必ず事前にチェックしてください。

 

ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)で必要なおすすめ手袋(軍手)をご紹介

ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)体験では、手袋、軍手が必要です。

洞窟の中は岩がゴツゴツしているため怪我防のために手袋をしてください!

そこで、安くお買い求めできる手袋、軍手をご紹介させていただきたいと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ケイビング・洞窟探索(鍾乳洞)、魅力がたくさんありましたよね!

私は思っていたよりハードル高くないやんって思いました!

なのでぜひ、一度体験してみてくださいね。

 

-アウトドア

Copyright© 旅筋ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.