アウトドア

イルカ・ホエールウォッチングとは?人気の理由・起源・おすすめ季節・必要な道具・できる場所などを詳しく解説

2020年5月6日

イルカ・ホエールウォッチングとは?

イルカ・ホエールウォッチングとは、野生のクジラ類、主にイルカやクジラを観察するアクティビティです。

観光地してもイルカ・ホエールウォッチングされていますが、その他にも、理科の教育や、環境保護の観点から行われています。

飼い慣らされていないイルカや、なかなか見ることのできないクジラを間近で見ることができるのはとても貴重な体験ですよね。

ダイナミックなジャンプや、イルカ、クジラの群れも見れちゃうかもしれません。

日本国内でもイルカ・ホエールウォッチングのツアーを体験することができ、北は北海道から南は沖縄まで幅広くポイントが存在します。

野生のイルカ、クジラを見られたら、心躍ること間違いなしです!!

 

イルカ・ホエールウォッチングはどこで生まれた?

イルカ・ホエールウォッチングの起源は、アメリカ合衆国のサンディエゴと言われています。

サンディエゴはコククジラのがよく訪れ、観察に絶好のポイントで有名でした。

1955年、チャック・チェンバリンという方が、ボートに「コククジラ・ウォッチング、1$」と書き商売を始めたのが歴史の始まりです。

これがきっかけで、周辺地域でも観光化されていき、世界中に広まりました。

 

 

イルカ・ホエールウォッチングは何人から何人で楽しめる?

イルカ・ホエールウォッチングは、何人からでも楽しむことができます。

イルカ・ホエールウォッチングのツアーでは、大型、または、小型のボートに乗ってイルカや、クジラが訪れるポイントまで行きます。

なので、お一人様でも、ご家族でも、団体様でも様々なシーンで楽しむことができます。

 

イルカ・ホエールウォッチングが楽しめる季節は?

イルカ・ホエールウォッチングが楽しめる季節は、見られるポイントによって異なってきます。

北海道から沖縄まで日本各地で様々な場所でツアーが開催されています。

その中でも、北海道は、3月〜10月がベストシーズンとなっており日本で最も長い期間やっています。

北海道では、イルカ、クジラ以外にも、シャチやアザラシも見られるチャンスがあります!

さすが北の大地北海道ですよね〜。

沖縄や高知県、鹿児島でも、春から秋にかけてがベストシーズンとなっています。

 

イルカ・ホエールウォッチングの人気の理由や魅力は?

人気の理由や魅力①
:野生ならではの生態

イルカ・ホエールウォッチングは、野生のイルカやクジラを観察します。

水族館で飼い慣らされているイルカとは大違い。

彼らはまさに気まぐれです。

船に近寄ってきてくれたと思ったらすぐに遠くへ行ってしまう。

クジラのジャンプを期待するも見られず、、、

なんてこともあり得ます。

しかし、だからこそクジラの潮吹きやイルカのジャンプを見られたときの感動は物凄いです。

 

人気の理由や魅力②
:みんなで楽しめる

イルカ・ホエールウォッチングは、体を使って何かをやるアクティビティではないので、誰でもできます!

お子さんのいる家族連れの方や、年配の方、運動に自信のない方など、年齢性別なども全く関係ありません。

誰でもウェルカムです。

また、誰かと競い合うわけでもないのでみんなんでのんびり楽しめます。

水族館では味わえない感動を皆さんでシェアしましょう!

 

人気の理由や魅力③
:迫力満点

イルカがこんなにも近くに!!!

イルカ達は気まぐれで船に近寄ってきてくれます。

水族館よりも近くで、ガラス越しではなく見れちゃいます。

また、運がいいとクジラのダイナミックなジャンプも見れちゃいます。

普段、テレビでしか見れない光景が目の前で!!

とても貴重な経験をお楽しみください。

 

人気の理由や魅力④
:圧倒的大きさ

クジラはこの世界で最も大きい生き物とされています。

実際めちゃくちゃ大きいです。

普段生活していてこんなに大きい生き物を目にする機会はありません。

その圧倒的な大きさには皆さん一度言葉を失うこと間違いなしです!

ぜひ、地球一を体験してください!

 

人気の理由や魅力➄
:冒険者の気分を味わえる

イルカ・ホエールウォッチングの楽しみ方は野生の生き物を観察するだけではありません。

イルカや、クジラを探すとこから始まっています。

広大な大海原からイルカやクジラたちを探すんです。

見つけたはめちゃくちゃ感動します。

もし自分が一番に見つけたら大きな声で「いたーーー!!」と、叫んでくださいね!!

 

イルカ・ホエールウォッチングで必要な道具は?

【イルカ・ホエールウォッチング施設が準備してくれる物】

  • ライフジャケット

【個人で準備する物】

  • 水に濡れてもいい格好(多少の水しぶきがかかる可能性あり)
  • 歩きやすい靴
  • 眼鏡バンド
  • 酔い止め
  • 日焼け止め
  • 双眼鏡
  • サングラス
  • 防寒対策

施設やサービスによって準備するもの、必要なもの、持っていくものが異なるので、必ず事前にチェックしてください。

 

スニーカー

サンダルや、脱げやすい靴、ヒールなどは避けましょう。

スニーカーなどのしっかりとした作りの靴を履いていきましょう。

 

スニーカーを検索したい方はこちらからどうぞ。

公式サイト

posted with 旅筋ブログ

 

スポーツサングラス

スポーツタイプのサングラスは、ズレにくく軽いので体を動かすときにオススメです。

 

スポーツサングラスを検索したい方はこちらからどうぞ。

公式サイト

posted with 旅筋ブログ

 

フリース

ジップ式なので着脱しやすく、調節しやすいです。

アウターにもなるし、インナーにもなる最強のアイテムです。

アウトドアブランドのものが質も良く、長く使えるのでおすすめです。

 

フリースを検索したい方はこちらからどうぞ。

公式サイト

posted with 旅筋ブログ

 

 

マウンテンパーカー

天気が変わりやすい場合に持っていくと、カッパの代わりにもなるし、防寒着の代わりにもなります。

アウトドアブランドのものが質も良く、長く使えるのでおすすめです。

 

マウンテンパーカーを検索したい方はこちらからどうぞ。

公式サイト

posted with 旅筋ブログ

 

眼鏡バンド

眼鏡を落とさないために必須です。

眼鏡を落とすと怪我に繋がる可能性もあるので絶対に持っておきましょう。

 

眼鏡バンドを検索したい方はこちらからどうぞ。

公式サイト

posted with 旅筋ブログ

 

酔い止め

乗り物酔いする方は必須アイテムです。

酔ってしまってせっかくの楽しみを台無しにしないようにしましょう。

 

酔い止めを検索したい方はこちらからどうぞ。

公式サイト

posted with 旅筋ブログ

 

双眼鏡

これがあれば遠くのものを見ることができます。

 

双眼鏡を検索したい方はこちらからどうぞ。

公式サイト

posted with 旅筋ブログ

 

毛布

防寒対策におすすめです。

寒さで楽しみを台無しにするのはもったいないので持っていきましょう。

 

毛布を検索したい方はこちらからどうぞ。

公式サイト

posted with 旅筋ブログ

 

 

イルカ・ホエールウォッチングに最適なおすすめサングラスを紹介!!!

イルカ・ホエールウォッチングには、サングラスをかけることをおすすめします。

強い直射日光や、水面の反射で目を痛めてしまったり、せっかくの楽しい時間を集中することができなくなってしまうかもしれません。

お気に入りのサングラスをかけて、イルカやクジラを1番に見つけましょう!!

 

 

イルカ・ホエールウォッチングの体験できる場所やツアーなどを検索

 

-アウトドア

Copyright© 旅筋ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.