旅行・国

【イラン・イスラム共和国】歴史・文化・料理・旅費・治安・おすすめ観光スポットなどを紹介

2020年4月17日

こうちゃんです。

イラン・イスラム共和国の歴史や文化、料理、旅費、おすすめ観光スポットなどをまとめてみました。

イラン・イスラム共和国について興味のある方はぜひ参考にどうぞ!

 

イラン・イスラム共和国の基本情報

イラン・イスラム共和国のことがわかる基本情報をまとめました。

 

建国された年・歴史

イラン・イスラム共和国が建国された年は1974年4月1日です。

 

面積

イラン・イスラム共和国の面積は、 1,648,195km2です。これは世界で17番目に大きいです。

こちらの面積をわかりやすく例えると、日本の面積の約4.4倍の大きさです。

約4.4倍って結構大きい!!

イラン・イスラム共和国って大きい国なんだな〜って思いました!

 

ちなみに日本の面積は377,972km2で、世界第61位の大きさです。

 

首都

イラン・イスラム共和国の首都は、テヘランです。

また、イラン・イスラム共和国の最大の都市もテヘランとされています。

テヘランはイラン・イスラム共和国の北西部に位置しています。

 

テヘランは、イラン・イスラム共和国の中だけでなく、西アジアや中東でもかなり大きい方です。

世界有数の大都市圏を形成しています。

 

テヘランは、博物館、美術館など同国の文化的中心地としても重要な役割を担っています。

また、数教的中心地でもあり、イスラム教のモスクや、キリスト教の教会やユダヤ教のシナゴーグも至る所に点在しています。

 

人口

イラン・イスラム共和国の人口は、 79,100,000人(約8000万人)で、世界第17位の人口の多さを誇ります。

人口と面積どっちも世界で17番目です。

覚えやすい!

世界で17位って言われると結構多いな〜って印象なんですけど、皆さんはどう思いましたか?!

 

ちなみに、日本の人口は、126,535,920人(約1億2,654万人)で世界第10位です。

 

母国語

イラン・イスラム共和国の母国語は、ペルシャ語です。

イランには様々な言語を話す人がいますが、公用語はペルシャ語とされています。

 

イラン・イスラム共和国の宗教

イラン・イスラム共和国の宗教は、イスラム教です。

国民の約99%が、ムスリムであり、90%がシーア派、残りの9%スンナ派です。

 

イラン・イスラム共和国の代表的な文化にはどんなものがある?

イラン・イスラム共和国には主に以下のような文化があります。

  • イランの男性は紳士的
  • 人が優しい
  • 重要文化財がたくさんある
  • 砂漠だけでなく、緑も広がっている
  • 国内外からスキーヤーが集まるスキー場がある
  • きゅうり、スイカの生産量世界3位
  • ナンの専門学校がある
  • 羊飼いの専門学校がある
  • 宗教的にビール(酒)を飲まない
  • 女性はヒジャーブ着用義務がある(観光客も)
  • 宗教的な規律がかなり厳格
  • ペルシャ絨毯で有名

 

イラン・イスラム共和国の有名な料理

イラン・イスラム共和国には以下のような有名な料理があります。

  • ナン(ラヴァーシュ、バルバリなど様々な種類がある)
  • ドルマ(イラン風ロールキャベツ)
  • ホレシュ(煮込み料理)
  • ケバブ
  • キョフテ(肉団子)
  • 紅茶
  • チェロウ・キャバーブ(焼肉と米のプレート)
  • チェロウ・モルグ(米と鶏肉のプレート)
  • サンドビーチ(コッペパンのサンドイッチ)
  • ゲイメー(黄色いエンドウ豆と肉とジャガイモの煮物)
  • ショレ(豆や野菜のシチュー)

 

日本からイラン・イスラム共和国までの所要時間と旅行費はいくら?

日本からイラン・イスラム共和国までの所要時間は乗り継ぎ便でおよそ14〜20時間です。

2020年4月現在、日本からイラン・イスラム共和国までの直行便は就航していません。

なので、周辺諸国て乗り換えが必要です。

乗り換え都市や、乗り継ぎ時間によって所要時間が大きく違ってきます。

 

日本からイラン・イスラム共和国までの旅行費は時期によって異なります。

最新情報はこちらから確認をしてみてください。

スカイチケットで最安の旅行費を調べてみる

 

イラン・イスラム共和国と日本の時差は?

イラン・イスラム共和国と日本の時差は4時間30分です。

日本の方がイラン・イスラム共和国より4時間30分進んでいます。

 

イラン・イスラム共和国の治安は?安全?危険?

イラン・イスラム共和国の治安は、比較的安全と言えます。

中東諸国である、イランって聞くと核やウラン、紛争、テロとイメージする方が多いと思いますが実際有名都市での犯罪率はかなり低いでしょう。

その理由は、イラン・イスラム共和国は宗教道徳がしっかりしているからです。

もちろん、観光としての最低限の安全確保は必要です。

なので、身の回りの荷物や、夜の1人歩きなどは避けた方がいいでしょう。

逆に、宗教の戒律がかなり厳しいため、現地の慣習を守らないとトラブルに巻き込まれてしまうため事前にチェックしてからいきましょう。

 

また、2020年現在、アメリカとの緊張状態のため、この時期訪れるのはお勧めしません。

 

イラン・イスラム共和国は国土がかなり広いため、アフガニスタンや、イラクなどの国境付近には決して近づかないようにしましょう。

 

イラン・イスラム共和国の治安は時期や情勢によって変動することがあります。

詳細は「外務省海外安全ホームページ」でご確認ください。

 

イラン・イスラム共和国の有名・人気の観光スポット

イラン・イスラム共和国で有名・人気な観光スポットには以下のようなものがあります。

    • キャリム ハーン城塞
    • ヴァーンク教会
    • アリー エブネ ハムゼ聖廟
    • ハーフェズ廟
    • エラム庭園
    • アーザーディー・タワー
    • ハージュ橋
    • ジャメモスク
    • 沈黙の塔
    • イマーム・モスク
    • スィー・オ・セ橋
    • シャー・チェラーグ廟
    • マスジェデ・ナスィーロル・モルク
    • イマーム・レザー廟
    • イマーム広場
    • ペルセポリス

-旅行・国

Copyright© 旅筋ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.