趣味

【失恋したときに読みたい本】元気が出る本 おすすめ5選!!!

2020年6月27日

こうちゃんです。
@tabikin_outdoor(Instagram)
@tabikinblog(Twitter)

今回は失恋した時に読みたい元気の出る本をご紹介します。

失恋って本当に辛いですよね。

何度経験しても慣れないものです。

フラれた側はもちろんフッた側もキツイです。

仕事や勉強、遊び、何もかもが手につかなくなり放心状態になっちゃいます。

私も何度も経験あります。

心にポッカリ穴が空いたようなそんな感じです。

出来るだけ早く立ち直りたいですよね。

そんな時は、無理に元気を出そうとせずに本を読んで徐々に気持ちを落ち着けましょう。

 

なぜ失恋した時本を読むのがいいのか

失恋したらなるべく早く立ち直りたいですよね。

でも、人に会いたくないし、無理やりはしゃぐのもそんな元気ない、、、

そんな時におすすめなのが本を読むことです。

本を読んで1人の世界に入り込み、一時的に現実逃避しちゃいましょう!

元気の出る本に出会えれば読み終わった時自然と心が落ち着いているはずです。

 

失恋した時に読みたいおすすめ本5選

おすすめ本①:『太陽のパスタ、豆のスープ』(宮下奈都/集英社文庫)

こちらは結婚式直前に突然婚約を解消されてしまった女性の小説です。

想像しただけで絶望してしまいますよね。

しかし、それでも前を向いて行こうとする様子が描かれています。

どんなことも経験値に変えて、自分らしく生きていく。

落ち込んだ背中を押してくれる本です。

 

 

おすすめ本②:『くまちゃん』(角田光代/新潮社)

こちらも恋愛小説です。

1つ目の章で振った登場人物が次の物語で振られるというように、どんどん失恋が続いていくという特徴の本です。

なかなか面白いですよね。

主人公が毎回変わり、その人の恋を別の視点で描いているので読み応えもあるし、新たな発見もあります。

自分のことも様々な視点で見ることが出来るようになるかもしれませんね!

 

 

おすすめ本③:『失恋のおくすり』(バンビス・スノーフラワー/アスペクト文庫)

こちらは失恋をテーマにしたメールマガジンを書籍化したものです。

失恋から立ち直ったり、救われるような言葉が書いてある一冊です。

メールマガジンで紹介された作家、医者、女優さんなど様々なジャンルの賢人たちの言葉を引用しています。

賢人たちの言葉はもちろんそこに添えられている著者のあたたかいメッセージに勇気をもらえます。

 

 

おすすめ本④:『大好きな彼と別れて世界で一番悲しいときに読む本』(石井稀尚/紀伊國屋書店)

こちらは結婚カウンセラーの石井稀尚さんによって書かれた恋愛セラピーの本です。

どんなに辛い恋愛も幸せになるための布石であり、必ず前に進めるということを教えてくれます。

またこの本のいいところは、失恋時の心に寄り添ってくれるだけではなく、今後どうすべきなのかというアクションに落とし込まれているので参考にすることができます。

プロのカウンセラーさんの経験と実績による実践型の本ですね!

 

 

おすすめ本➄:『ナタラージュ』(島本理生/角川文庫)

こちらは思いっきり泣きたい時におすすめの恋愛小説です。

決してかなうことのない恋、だけどとても純粋な恋に向き合う姿は非常に切ないです。

涙が溢れること間違いなしです。

悲しい時は泣いたらいいんです。

泣くことによって驚くほど気持ちはすっきりします。

 

 

本を通じて立ち上がろう

いかがでしたでしょうか。

どれも本当におすすめなのでまずは気になるものをチョイスして読んでみてください。

少しは心が楽になるはずです。

失恋は本当に辛いですよね。

虚無感に襲われてしまって何もやる気が出ないなんてこともあります。

しかし、自分が行動しなければ変わりません。

すぐにじゃなくても、徐々に前を向いて次に進みましょう。

いずれあなたのことを大切にしてくれる人は現れます。

きっと今のあなたに行動する勇気を与えてくれますよ。

 

-趣味

Copyright© 旅筋ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.