旅行・国

【ナミビア共和国】歴史・文化・料理・旅費・治安・おすすめ観光スポットなどを紹介

2020年9月10日

こうちゃんです。
@tabikin_outdoor(Instagram)
@tabikinblog(Twitter)

ナミビア共和国の歴史や文化、料理、旅費、おすすめ観光スポットなどをまとめてみました。

ナミビア共和国について興味のある方はぜひ参考にどうぞ!

 

ナミビア共和国の基本情報

ナミビア共和国のことがわかる基本情報をまとめました。

ナミビア共和国は、通称ナミビアと呼ばれ、アフリカ南西部に位置します。

北はアンゴラ、北東はザンビア、東にボツワナ、南に南アフリカ共和国と国境を接し、西は大西洋に面します。

 

 

建国された年・歴史

ナミビア共和国が建国された年は1990年2月9日です。

ドイツとイギリスが植民地化していましたが、第二次世界大戦以降は南西アフリカとして南アフリカの統治下にありました。

そして南アフリカから1990年に独立しました。

 

面積

ナミビア共和国の面積は、 825,418km2で、世界で33番目に大きい国です。

わかりやすく例えると、日本の約2.2倍くらいの面積です。

ちなみに日本の面積は377,972km2で、世界第61位の大きさです。

 

首都

ナミビア共和国の首都は、ウィントフックです。

また、ナミビア共和国の最大の都市も、ウィントフックとされています。

 

人口

ナミビア共和国の人口は、 2,440,000人(約244万人)です。

ちなみに、日本の人口は、126,535,920人(約1億2,654万人)で世界第10位です。

 

公用語

ナミビア共和国の公用語は英語です。

しかし、日常で英語を使う人はあまりおらず、アフリカーンス語という言語を使用しています。

また、ドイツ語も話されることもあります。

 

ナミビア共和国の宗教

ナミビア共和国の宗教は、国民の約85%がキリスト教を信仰しています。

残りの約15%は現地の土着宗教を信仰しています。

 

ナミビア共和国の代表的な文化にはどんなものがある?

ナミビア共和国には主に以下のような文化があります。

  • 世界最古の砂漠、ナミブ砂漠がある
  • 独立してまだ若い国
  • 星空が綺麗
  • 早寝早起きの習慣
  • 世界で最も人口密度の低い国のトップ3に入る

 

ナミビア共和国の有名な料理

ナミビア共和国には以下のような有名な料理があります。

  • パップ(とうもろこしの粉をお湯で炊いたもの)
  • ソーセージアンドチップス
  • フレイスアンドチップス(肉とポテト)
  • マイス(とうもろこし)
  • マオンゴ(イモムシ)

 

日本からナミビア共和国までの所要時間と旅行費はいくら?

日本からナミビア共和国までの所要時間は、乗り換え便でおよそ25時間です。

日本からナミビア共和国までの旅行費は時期によって異なります。

最新情報はこちらから確認をしてみてください。

スカイチケットで最安の旅行費を調べてみる

 

ナミビア共和国と日本の時差は?

ナミビア共和国と日本の時差は、7時間です。

日本の方がナミビア共和国より、7時間進んでいます。

 

ナミビア共和国の治安は?安全?危険?

ナミビアの治安は比較的いいです。

しかし、首都では軽犯罪や強盗が起こっているので十分注意が必要です。

 

ナミビア共和国の治安は時期や情勢によって変動することがあります。

詳細は「外務省海外安全ホームページ」でご確認ください。

 

ナミビア共和国の有名・人気の観光スポット

ナミビア共和国で有名・人気な観光スポットには以下のようなものがあります。

  • ナミブ砂漠
  • カオコランド
  • ソサスブレイとデッドブレイ
  • トゥウェイフルフォンテーン
  • リューデリッツ
  • エトーシャ国立公園
  • ケープ・クロス
  • コールマンスコップのゴーストタウン
  • エプパの滝
  • シュピッツコッペ
  •  ウォルビスベイ
  •  ムーン・ランドスケープ
  •  フィッシュリバー・キャニオン

-旅行・国

Copyright© 旅筋ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.