旅行・国

【ナウル共和国】歴史・文化・料理・旅費・治安・おすすめ観光スポットなどを紹介

2020年9月11日

こうちゃんです。
@tabikin_outdoor(Instagram)
@tabikinblog(Twitter)

ナウル共和国の歴史や文化、料理、旅費、おすすめ観光スポットなどをまとめてみました。

ナウル共和国について興味のある方はぜひ参考にどうぞ!

 

ナウル共和国の基本情報

ナウル共和国のことがわかる基本情報をまとめました。

ナウル共和国は、通称ナウルと呼ばれ太平洋南西部に位置します。

サンゴ礁でできた島にアホウドリのフンが堆積してできた国です。

かつてはリンの採掘で裕福になり、教育費、医療費、などが無料で年金や新婚に家をプレゼントするなどしていました。

また、国民の90%が無職で毎日が日曜日のような夢の生活をしていました。

しかし、リンの枯渇に伴い国力が衰退し、現在は破綻の危機にあります。

 

 

建国された年・歴史

ナウル共和国が建国された年は1968年1月31日です。

ナウル共和国は、イギリス、ドイツ、日本、そして再びイギリスの植民地にされました。

 

面積

ナウル共和国の面積は、21km2で、世界で193番目に大きい国です。

ナウルは世界で3番目に小さい国です。(バチカン市国、モナコの次です。)

わかりやすく例えると、東京都の品川区と同じくらいの面積です。

ちなみに日本の面積は377,972km2で、世界第61位の大きさです。

 

首都

ナウル共和国の首都は、ヤレン地区です。

また、ナウル共和国の最大の都市は、デニゴムドゥ地区とされています。

 

人口

ナウル共和国の人口は、11,200人で、世界第234位です。

ちなみに、日本の人口は、126,535,920人(約1億2,654万人)で世界第10位です。

 

公用語

ナウル共和国の公用語は、ナウル語と英語です。

基本的に日常会話はナウル語で、行政やビジネスは英語だそうです。

 

ナウル共和国の宗教

ナウル共和国の宗教は、国民のほとんどがキリスト教を信仰しています。

 

ナウル共和国の代表的な文化にはどんなものがある?

ナウル共和国には主に以下のような文化があります。

  • 世界で3番目に小さい国(バチカン市国、モナコの次)
  • リンの採掘で一時は世界一贅沢な国と言われていたが現在は経済危機にある
  • 島国だがリゾート感はない
  • 元々はサンゴ礁でできた島だったが、長い年月をかけてアホウドリのフンが堆積してできた国
  • 国民の3分の1が肥満

 

ナウル共和国の有名な料理

ナウル共和国には以下のような有名な料理があります。

  • 輸入に頼っているのでこれといった伝統料理はない
  • タロイモ
  • ヤシの実
  • トロピカルフルーツ

 

日本からナウル共和国までの所要時間と旅行費はいくら?

日本からナウル共和国までの所要時間は乗り換え便で、およそ20時間です。

日本からナウル共和国までの旅行費は時期によって異なります。

最新情報はこちらから確認をしてみてください。

スカイチケットで最安の旅行費を調べてみる

 

ナウル共和国と日本の時差は?

ナウル共和国と日本の時差は3時間です。

日本の方がナウル共和国より、3時間遅れています。

ナウルは日本よりも時間が早い珍しい国です。

 

ナウル共和国の治安は?安全?危険?

ナウルの治安は比較的良好でしょう。

のんびりとした国民性なのでそこまで凶悪犯罪などは起こらないそうです。

しかし、医療体制がしっかりしているとは思えないので、怪我や事故には十分注意しましょう。

ナウル共和国の治安は時期や情勢によって変動することがあります。

詳細は「外務省海外安全ホームページ」でご確認ください。

 

ナウル共和国の有名・人気の観光スポット

ナウル共和国で有名・人気な観光スポットには以下のようなものがあります。

  • リン鉱石採掘場
  • ピナクル
  • 大統領官邸
  • ブアダ・ラグーン
  • アニバレ湾
  • 魚釣り

 

-旅行・国

Copyright© 旅筋ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.