旅行・国

【パラグアイ共和国】歴史・文化・料理・旅費・治安・おすすめ観光スポットなどを紹介

2020年10月9日

こうちゃんです。
@tabikin_outdoor(Instagram)
@tabikinblog(Twitter)

パラグアイ共和国の歴史や文化、料理、旅費、おすすめ観光スポットなどをまとめてみました。

パラグアイ共和国について興味のある方はぜひ参考にどうぞ!

 

パラグアイ共和国の基本情報

パラグアイ共和国のことがわかる基本情報をまとめました。

パラグアイ共和国は、通称パラグアイと呼ばれ、南アメリカ大陸の中央南部に位置します。

東と北東をブラジル、西と北西をボリビア、南と南西をアルゼンチンに囲まれている内陸国です。

 

 

建国された年・歴史

パラグアイ共和国が建国された年は1811年です。

1811年にスペインから独立しました。

 

面積

パラグアイ共和国の面積は、 406,752km2で、世界で58番目に大きい国です。

わかりやすく例えると、日本の約1.1倍くらいの面積です。

ちなみに日本の面積は377,972km2で、世界第61位の大きさです。

 

首都

パラグアイ共和国の首都は、アスンシオンです。

また、パラグアイ共和国の最大の都市も、アスンシオンとされています。

 

人口

パラグアイ共和国の人口は、7,152,503人(約720万人)で、世界第104位です。

ちなみに、日本の人口は、126,535,920人(約1億2,654万人)で世界第10位です。

 

公用語

パラグアイ共和国の公用語は、スペイン語、グアラニー語です。

また、ドイツ語を話す国民もいます。

 

パラグアイ共和国の宗教

パラグアイ共和国の宗教は、キリスト教のローマカトリックが90%です。

 

パラグアイ共和国の代表的な文化にはどんなものがある?

パラグアイ共和国には主に以下のような文化があります。

  • 南米のヘソと言われている
  • 人懐っこくフレンドリー
  • 女性が自立している
  • 温厚な人が多い
  • 自分で調合したマテ茶をよく飲む
  • 時間にルーズ
  • ダンスや音楽が大好き
  • 陰湿な面もある
  • 正直者な人が多い
  • 親日な国

 

パラグアイ共和国の有名な料理

パラグアイ共和国には以下のような有名な料理があります。

  • アサード(肉を豪快に焼いたもの)
  • ポジョ・アサード(鶏肉を焼いたもの)
  • チュラスコ(串焼き肉を削いで食べるもの)
  • エンパナーダ(揚げ餃子的なスナック)
  • アフォラード(鶏肉のフライ)
  • パリジャーダ(肉を網で焼いたもの)
  • ミラネッサ(カツレツ)
  • アルボンディガス(ミートボール)
  • カルド・デ・ガジーニャ(鶏肉のスープ)
  • ソパ・パラグアージャ(玉ねぎ、とうもろこしの粉、卵のオムレツ的な)
  • マンジョーカ(キャッサバ)
  • チパ(パン)
  • テレレ(マテ茶)

 

 

日本からパラグアイ共和国までの所要時間と旅行費はいくら?

日本からパラグアイ共和国までの所要時間は乗り継ぎ便で、およそ25時間です。

日本からパラグアイ共和国までの旅行費は時期によって異なります。

最新情報はこちらから確認をしてみてください。

スカイチケットで最安の旅行費を調べてみる

 

パラグアイ共和国と日本の時差は?

パラグアイ共和国と日本の時差は、13時間です。

日本の方がパラグアイ共和国より、13時間進んでいます。

 

パラグアイ共和国の治安は?安全?危険?

パラグアイの治安はかなり悪いでしょう。

南米の治安はかなり悪いですが、パラグアイの治安も例外ではありません。

バイクを使った強盗や、スリ、タクシーのぼったくり、ケチャップ強盗などが頻発しています。

十分注意が必要でしょう。

パラグアイ共和国の治安は時期や情勢によって変動することがあります。

詳細は「外務省海外安全ホームページ」でご確認ください。

 

パラグアイ共和国の有名・人気の観光スポット

パラグアイ共和国で有名・人気な観光スポットには以下のようなものがあります。

  • モンダウの滝
  • ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群
  • パンタナル湿原
  • 政府宮殿
  • へスース・デ・タバランゲ
  • イタイプダム
  • 英雄の霊廟
  • 独立の家博物館
  • 国立美術館
  • サルト・クリスタル
  • カテドラル

 

-旅行・国

Copyright© 旅筋ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.