アウトドア

シュノーケリングとは?人気の理由・できる場所・必要な道具などを詳しく解説

2020年4月18日

シュノーケリングとは?

シュノーケリングとは、シュノーケル(呼吸するための管)、マスク(ゴーグル)、フィン(足ひれ)を装着して、水面や、比較的浅めの海を潜ったり、泳いだりするアウトドアアクティビティ、マリンスポーツです。

シュノーケルを使うことによって、呼吸のために顔を水上に上げる必要がなく、手軽に海の美しい景色や、優雅に泳ぐ魚達、また運が良いとマンタやウミガメなどレアな生き物に出会うこともできます。

スキューバダイビングのように資格が必要ないため、誰でも手軽に楽しむことができます。

 

シュノーケルとは、ドイツ語で潜水艦の痛風・排気装置と言う意味があり、その形に似ていると言う理由で、このように呼ばれるようになりました。

英語だと、スノーケル、スノーケリングと言います。

 

シュノーケルはよくスキューバダイビングとスキンダイビングと混同にされてしまいます。

そこで他の2つも簡単にご紹介しますね!

スキンダイビング:スノーケル、マスク、フィンを使用するところは一緒だが、潜水することを目的としているのがスキンダイビングです。

シュノーケリングは、海を遊泳して魚を見たり、素晴らしい海の世界を覗くのが目的でしたよね。

スキューバダイビング:スノーケル、マスク、フィンに加えて、空気が入ったボンベや、それに付随する装置を着けて潜水するのがスキューバダイビングです。

シュノーケルのめちゃくちゃ本気バージョンってイメージですかね!笑

 

シュノーケリングはどこで生まれた?

残念ながら、シュノーケリングの起源に関しては正確な記載がありませんでした、、、

おそらく、スキューバダイビングのように歴史はかなり古く、海の生き物を採るために素潜りを始めたのがきっかけと予想できます。

また、正確な歴史や起源を見つけたら更新します。

 

シュノーケリングは何人から何人で楽しめる?

シュノーケリングは、何人からでも楽しむことができます。

基本的に、1人で潜るのは安全面からあまりよくないです。

なので一般的に小グループで潜ることが推奨されています。

また、友達やご家族など気が知れた人と潜る方が、思い出を共有できるのでさらに絆が深まりますよね。

 

なのでぜひ友人や大切な人と行ってくださいね。

 

シュノーケリングが楽しめる季節は?

シュノーケリングは、海に潜るマリンスポーツです。

なのでやはり、暖かくなる夏がお勧めです。

しかし、沖縄やハワイやグアムのような南国リゾート地では一年を通してツアーを開催しています。

 

シュノーケリングの人気の理由や魅力は?

人気の理由や魅力①
:誰でも気軽に楽しめる!!

何と言ってもこれですかね!!

誰でも気軽に楽しめます。

スキューバダイビングのように資格が必要なく、難しい機材を使わないので初めてでも安心して楽しめます。

また、泳げない人や、泳ぎが苦手な方でも、ウエットスーツやフローティングベストを使えば溺れる心配はかなり少なくなります。

実際、幼稚園児からシニアの方まで幅広い年齢層の方も安全に楽しめます。

 

また、沖縄や海外のような南国リゾートをイメージする方が多いと思いますが、東京などの都市圏からでも日帰りで行けるポイントもたくさんあるのも手軽な理由の一つでしょう。

 

海の浅瀬に射し込んだ太陽の光が、サンゴ礁や白い砂の海底、自由に動き回る色とりどりの魚たちを照らし出します。
シュノーケリングはそんな水中世界をお子様から大人まで手軽に、そして安全に楽しめることが1番の魅力です。

水中世界を観察するだけでも非日常的な体験ができて楽しいですし、水面に浮いてゆらゆらと波に揺られているだけでもリラックスできます。

 

人気の理由や魅力②
:世界が広がる

地球の7割は海だと言われています。

その、地球のほとんどを占める海の世界を覗いてみたいと思いませんか?

シュノーケリングなら、手軽に神秘的な海の世界を覗けちゃいます。

水中では、太陽の光が差し込んで想像もできないような綺麗な景色が待っています。

サンゴ礁や、色とりどりの魚達、運がいいとウミガメやマンタなどレアな生き物にも出会えます。

 

そんな、まだ見ぬ世界を体験してみましょう!

 

人気の理由や魅力③
:安い費用で始められる!

お金についても心配なところですよね。

しかしご安心を。

もちろんピンキリですが、マスク、シュノーケル、フィンの3つを揃えれば始められます。

基本的に1万円以下で揃いますし、初心者向けの3点セットなら5000円以下で買えると思います。

一度揃えれば、ランニングコストはほとんどかかりません。

また、インストラクターの方を付けても、1万円以下で可能です。

ツアーの場合であれば、上記の3点セットは内容に含まれていることがほとんどですので、ご自身で用意する必要はありません。

 

どれだけ楽しくても、お金がかかり過ぎては継続して楽しむのは難しいですよね。

そんな心配がいらないのがシュノーケリングです!

 

人気の理由や魅力④
:リラックス効果絶大

めちゃくちゃリラックスできます。

海の中の綺麗な景色を見ることで、日頃の疲れがぶっ飛びます。

また、潜ったり、泳いだりするのに疲れてきたら、何もせずに水中を覗くことだけしてみましょう。

体が浮き、ぷかぷかと波の心地よさにまるでマッサージのような心地よさを体験できますよ。

 

人気の理由や魅力⑤
:海でも川でも湖でもできる

実は、海以外でも、川や湖でもシュノーケリングすることができます。

海では見えられない魚や、また違った楽しさがあるのでぜひ行ってみることをお勧めします。

海の海水が苦手な方にはまず、川や湖で初めてみるといいですね。

 

シュノーケリングで必要な道具は?

【シュノーケリング施設が準備してくれる物】

  • ウエットスーツ
  • フィン
  • マスク
  • シュノーケル
  • フローティングベスト
  • アウトドア保険(こちらは施設によります。)

ほとんどの場合料金に含まれているので追加料金を払う必要はないと思われます。

【個人で準備する物】

  • 水着
  • ラッシュガード
  • 眼鏡バンド
  • タオル
  • 着替え
  • サンダル
  • ビーチサンダル
  • グローブ(マリンスポーツ用)
  • 日焼け止め
  • マリンシューズ防水カメラ(GoProなど)

施設やサービスによって準備するもの、必要なもの、持っていくものが異なるので、必ず事前にチェックしてください。

 

-アウトドア

Copyright© 旅筋ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.